卒業生一覧

令和元年度 名前 研究タイトル
博士 小藤 久毅 γ線測定手法による海洋環境における放射性核種動態研究
Study on dynamics ofradionuclides in marine environment by gamma-ray spectrometry
修士 坂口 航平 木場潟における有機汚濁の原因解明研究
  佐々木 一樹 厚岸湖・厚岸湾における陸起源懸濁粒子の堆積環境の解析
  藤田 充司 Rn-222を用いた七尾湾における海底湧水の実態把握
Deddy Irawn Permana Putra Dynamics of radionuclides from the Fukushima nuclear accident at river watershed and coastal enviroment
学士 亀山 紘旭 234Th/238U比からみた日本列島をとりまく海洋の粒子除去
  Rodrigo Mundo Spatial-temporal distribution of polycyclic aromatic hydrocarbons in seawater at West Nanao Bay, Noto Peninsula
平成30年度 名前 研究タイトル
修士 田原 龍之介 大気由来放射性核種と炭素・窒素同位体比に基づいた熊木川河川水懸濁粒子の特性と時系列変化の解析
  宮坂 將平 群馬県山岳湖沼における福島原発事故由来放射性セシウムの堆積評価
  諸角 季生 228Th/228Ra比、234Th/238U比の空間分布および
季節変動から見た東シナ海~日本海における粒子吸着性成分の循環
学士 竹原 亮成 134Csから見た日本海表層海水の沈み込み
  鶴岡 幹矢 7Beと210Pbを用いた貯水池-流域系における地表物質の浸食・運搬プロセスの推定
  花木 祥太朗 ベーリング海北西域における226Ra、228Ra、134Cs、137Csの鉛直分布
平成29年度 名前 研究タイトル
修士 寺崎 聡一郎 福島沿岸域海底堆積物における放射性セシウム存在形態の時空間変動解析
  山下 詩央里 魚類および海水からみた日本海における低レベル放射性セシウムの影響
学士 坂口 航平 木場潟における有機汚濁の原因解明研究 -湖内生産と流入有機物の影響評価-
  佐々木 一樹 210Pbを用いた厚岸湖・厚岸湾堆積環境の検討
  藤田 充司 222Rnを用いた七尾西湾における海底湧水の探索
  山岸 栄太 河川水中放射性セシウムの濃度・存在形態と流域環境との関係
平成28年度 名前 研究タイトル
博士 Bui Hong Tuoi
Factors controlling organic pollution in Lake Kiba with shallow and semi-closed environment
修士 川村 皓一
210Pbを用いた七尾湾における堆積環境の解析
  城谷 勇陛
日本海表層における228Th/228Ra放射能比の水平分布および季節変動
学士 田原 龍之介
大気由来放射性核種と炭素・窒素同位体比を利用した熊木川河川水懸濁粒子の動態解析
  宮坂 將平
群馬県榛名湖・赤城大沼における放射性セシウム堆積状況の検討
  諸角 季生 福島県内河川水中の134Cs,137Cs放射能濃度の変動と存在形態の解析
平成27年度 名前 研究タイトル
修士 馬場 北透
福島第一原発事故由来放射性セシウムの福島沿岸海域での拡散挙動
  上村 宙輝
新潟沿岸~沖合堆積物における福島原子力由来134Csの空間分布
学士 島村 陽恵
福島県内河川水中の134Cs,137Cs放射能濃度の時系列変動
  寺崎 聡一郎
福島沿岸域海底堆積物の放射性セシウムの存在形態と分布特性
  山下 詩央里
簡便な温水浸出40K除去法を利用した海産物試料の低レベル134Cs,137Cs濃度の測定
平成26年度 名前 研究タイトル
学士 城谷 勇陛
初夏の東シナ海から日本海表層における228Th/228Ra比の水平分布
  田堂 修
福島原発事故後4年間の放射性セシウムの移行挙動
平成25年度 名前 研究タイトル
修士 濱高 一仁
鉛-210法による陸奥湾の堆積速度と堆積環境の解析
  古澤 祐一
放射性核種からみた東シナ海・日本海表層海水の水塊流動に関する研究
学士 上村 宙輝
福島県内の河川における放射性セシウムの移行挙動
  米岡 修一郎
福島原発事故由来134Csをトレーサーとした阿賀野川河川粒子の日本海への流入・拡散