本研究施設では、低バックグラウンドγ線測定法などの適用により、放射性核種を精密に測定し、物質の時間的・空間的分布や以降挙動の環境・地球科学的解析を行うほか、放射性同位体をトレーサーとする研究領域の開拓を目指すことを目的としている。本年度は、福島第一原発事故関連も含めて研究を行った。

活動

2017年09月25日
APSORCに参加して参りました
2016年08月01日
蒼鷹丸調査航海に参加してまいりました
2016年05月20日
スーパーカミオカンデを訪問しました
» 続きを読む